VIVID BRASS TOKYO
since 1995

vbt_w_sperk.jpg

| トップ | 出演者 | フランク・レントン |

2016-01-25

フランク・レントン

Frank Renton

Renton.psdFrank Rentonフランクレントンは、1939年に生まれヨークシャーで育った。彼は7歳でピアノを始め、10歳でトランペットを習い始めた。最初はプロのトランペット奏者として、その後指揮者としても活躍するようになった。

1967年にエジンバラフェスティヴァルの若い指揮者のためのコンクールで優勝。その後ドイツやシンガポールでいくつかの駆け出しのオーケストラで指揮を行う。

70年代には、Versatile Brassのメンバーとしてイギリスのいろんな音楽学校などで演奏活動し、やがてBBCコンサートやラジオオーケストラとも仕事をするようになる。有名なグライムソープコリアリーバンドもその一つである。

1985年にはロンドンの最も古いプロのオーケストラであるRoyal Artillery Orchestraの首席指揮者になるために戻り、その後3年間いろんな場所で演奏活動を行った。

1988年にアメリカのソプラノ歌手キャロルバネスがブリティッシュコンサートオーケストラとレコーディングを行った際、首席指揮者として任名される。

また彼自身の演奏についてBBCラジオの彼自身の音楽番組でも放送し始める。1992年には指揮と放送に全力を注ぐ様になる。1989年からはフリーで活躍中。

Frank Renton氏のホームページ(英語)LinkIcon

トップページ

コンサート案内

試聴・参考音源・演奏依頼

VBTのCD

コラム・メディア

リンク

お問い合わせ